マレーシアを旅した② クアラルンプールのチャイナタウンで観光とグルメ

マレーシア

その街にチャイナタウンがあれば、ほぼ確実に訪れる。クアラルンプールのそこは以外と言っては失礼だが規模が大きく様々な場面に出会うことができた。

滞在日:2017/8/11~14

朝方の出発

ブキッ・ビンタンの午前7:28、外はまだ暗い。

最大の繁華街だが、まだ人通りは少ない。

チャイナタウンのマハラジャレラ駅を降りると大分明るくなっていた。

工事現場作業員用の屋外食堂、こういうところの食事も試してみたい。

チャイナタウンに到着

到着、このビジュアルですでに感動!

早朝の訪問のため、人はまだ少ない。

飲食店街で朝食を食べている人たち。

「漢記」で朝食

早朝に行動を始めた理由はここ。「漢記」という店。

鯉の刺身とお粥のセット。これを食べるため。日本以外では珍しいと思う刺身を使ったグルメ。

チャイナタウンをぶらつく

食後の散歩。

ここにもありました。チャイナタウンの定番、関帝廟。

三国志に登場する「関羽」を祀った寺院。

東南アジアのマーケットで見かける雑貨を売る露店。

賑わってきた。

こちらもチャイナタウンの定番の風景。

こんなところでも調理している。

様々な人種が集まるチャイナタウン。

以外と広く、フラフラと徘徊してみた。

フラフラと。

フードコートでランチ

マレーシアチャイナタウンのフードコート。

たくさんのおかずから、好きなものを選べるぶっかけご飯の店。

選んだのはこれ。肉と魚と野菜。そして、パイナップルジュース。

今回の締め

あったら訪問を外せないチャイナタウン。散歩を交えて朝食とランチを楽しめた。次回は、ペトロナスツインタワーの展望台へ。