千葉を旅した 佐倉城址公園、国立歴史民俗博物館、その周辺を観光してみた

千葉

規模が大きく、展示内容が充実していると言われる歴博の愛称で知られる国立歴史民俗博物館と日本100名城の一つ佐倉城跡を観覧しに佐倉市を訪れた。

滞在日:2019/7/15

国立歴史民俗博物館に向かう

最寄駅の京成佐倉駅に到着

博物館そばの両町橋にある案内板

田町門跡を通り抜け、愛宕坂に出たところにあった公園案内地図

愛宕坂を上がるとすぐにある古園石仏大日如来像、大分県のあるもののレプリカ

なぜここに‥

国立歴史民俗博物館に到着、天候は曇り

館内にある「レストラン さくら」で古代カツカレーをいただく。紫色の米が、古代米。白米と大して変わらないが、はじめて見かけたこともあり、なんか貴重な体験だった。

ここの博物館、広い!半分くらい残して閉館してしまった‥また来るぞ

佐倉城址公園を散歩

佐倉城本丸跡、広場になっている

天守跡の石碑

本丸家形配置図

天守跡から本丸跡を眺める

駐車場側に向け遺構を巡る

銅櫓跡

土塁とは、城の防御のための土手

一の門跡

佐倉城二の丸御殿(御番所、対面所)跡

二の門跡

堀田正睦公像、幕末期の老中として、動乱の日本を開国に導いた佐倉藩主

タウンゼント・ハリス像、日米修好通商条約を締結した人

三の門跡

駐車場側出入口

大手門跡(追手門)

佐倉藩 藩校 成徳書院跡

博物館そばの長寿庵で夕食

またカレーで今度は蕎麦

博物館北側出入口にある門

そばの濠

今回の締め

博物館の展示をすべて観覧できなかったのと佐倉城の模型や古写真、出土遺物の展示がある公園管理センターへの訪問も残しているため、再訪問したいと思う。