秋田を旅した① 角館の武家屋敷を観光してみた

秋田

秋田、東京で生活していると中々向き合うことのない街。1泊2日で角館の武家屋敷と秋田市内を観光してみた。まずは仙北市角館に向かった。

滞在日:2019/7/6

東京を出発

6:32発の新幹線こまちで秋田県角館に向かう

はじめての秋田新幹線、赤い車体がかっこいい「こまち」

新宿弁当、これが売っていたら買ってしまう、最高に好きな駅弁

田園を駆け抜け、そこに着く‥

みちのくの小京都 秋田の角館に到着

案内図はこんなかんじ

武家屋敷通りを散歩

武家屋敷通り

緑が映える涼しげな通り

手前にあった小野田家へ入ってみる

内部はこんな感じ、和を感じるな。

塀の向こうの隣もこんな感じ

河原田家の門、ここも味のある構え

武家屋敷模型展示室

模型が展示してあった

人力車が運行していた、あると江戸情緒をさらに感じることができる

そしてまた、別の屋敷を訪問

角館樺細工伝承館、ここへは入館せず

土産なども扱ったお茶屋さん

青柳家、こちらは有料で昔の建築や鎧、刀、銃などを見学できました

見学後、通りから見えた蔵

角館城址に向かう山を登り、そこで観たものは‥

古城山の頂上にある角館城址が見たいので登ってみる

城址エリアに入場

ここからは舗装がされていないので、ちょい歩きにくい

曲がりくねった坂道をひたすら登る

曲がりくねった坂道を登る

お、そろそろ到着か?

着いたー!芝生みたいだ

墓石のような石碑があった、小松山城址(角館城)と記されている、別名があるのか。

山頂からの眺め、素晴らしい、登ってきてよかった!!

買っておいた缶コーヒーで一服、うまかった!

そして来た道を戻る…

昼食にカツ丼をいただく

角館エリアから線路を挟んで反対側にある日乃出食堂さんを訪問

ボリューム満点だけではなく、うまいと有名なカツ丼をソティー丼と迷いながら注文!

豚肉は厚く食べ応え充分。歩きまくった後の空腹をしっかり満たしてもらえた!

昼食の後、秋田市へ出発!

今回の締め

時間が止まったかのような町並みが、きれいに保存されていた。今回は夏の訪問となり緑が混ざり合う武家屋敷を観ることができた。次回は、桜や紅葉、雪を混えて見てみたいと思った。